外資系企業の給与体系

成果給のシステムが採用されている企業が多い

外資系企業は、国内の企業とは異なり、仕事上の実績によって給料が大きく左右される成果給のシステムが採用されているところが目立ちます。特に、営業職や企画職などの仕事の結果が重視される職種で高収入を狙うには、様々な尺度から成果を評価してくれる企業を見つけることが大事です。最近では、上昇志向の強い社会人の間で、成果給のシステムが完全に整っている外資系企業に対する人気が高まっており、若くして部長や課長などの役職者を目指す人も少なくありません。なお、将来にわたってなるべく安定した収入を得たい場合には、成果主義を導入しながらも、基本給や各種手当の金額を高めに設定している企業を転職先の候補として選択することがおすすめです。

様々な手当が用意されている外資系企業も多くある

社員の仕事に対するモチベーションを高める目的で、様々な手当を用意している外資系企業は日本中に多くあります。特に、社員の働きぶりに応じて、教育手当や資格手当、勤勉手当などを支給している企業については、外資系転職を志す求職者から人気が高まっています。外資系企業の給与体系については、各企業の方針によって大きく異なりますが、大手企業を中心に年俸制を導入する企業の数が徐々に増えています。また、特定の分野の経験が豊富な人や、業務に直結する資格を保有する人については、年俸だけでなく様々な種類の手当の支給を受けやすいといったメリットがあります。そのため、転職後に年収が大幅にアップするケースも珍しくありません。