語学力は必須です

各企業で求められる語学力を確認しよう

外資系企業は、国内の企業と比べて海外転勤や海外駐在などの可能性が高く、日々の業務の中で英語を使った業務を任されることもあります。そのため、外資系企業に転職をしてしっかりと経験やスキルを活かすにあたっては、採用試験を受ける前に各企業で必要とされる語学力についてじっくりと調べることが肝心です。例えば、事務や営業など海外の本社や支社とコミュニケーションを取る機会が多い職種については、中途採用の試験の際にビジネスレベルの高度な英語力が要求される傾向があります。一方、経理や企画などの職種は、仕事上でさほど英語を使用する機会は多くないものの、入社後に他の社員に差をつけるためにも、地道に語学力のアップを目指すことが大切です。

語学が堪能な人材を好待遇で採用する外資系企業が増えている

国内外にオフィスを展開している外資系企業の中には、語学が堪能な人材を好待遇で採用しようとするところが多くあります。例えば、海外の大学や大学院の留学経験がある人や、語学の検定試験で好成績を残した人については、基本給やボーナスなどの面で優遇される傾向が見られます。また、コミュニケーション能力が高い営業の経験が豊富な中途採用者は、入社後すぐに管理職として登用されるケースも珍しくありません。なお、それぞれの外資系企業で必要とされる語学力は、求職者にとって把握しにくいことがあります。そこで、求職中に転職者を対象とした就職相談会に出向いたり、メールや電話で直に気になる企業の採用担当者に質問したりすることがおすすめです。