自分の能力が正当に評価される

能力に応じた報酬を得られる

外資系企業に転職するメリットは、自分の評価が正当に評価される点です。年功序列で昇進や昇給を行う日本企業と違って外資系企業は個人の実力が重視される成果主義なので、自分の実力に応じた報酬を得ることができます。実力に応じて大幅な年収アップが期待できるので、男女や年齢の差別などもありません。外資系企業なら若い人や女性であっても昇進や昇給のチャンスがあります。特にヨーロッパ系の企業は人権意識が高いので、キャリア志向の高い女性に最適であるといえます。自分の実力が正当に評価される外資系企業では、上下関係がフラットで社内の風通しが良いというメリットもあります。社長や役員に対してもビジネスについてフレンドリーに会話することができます。

オンとオフがはっきりしている

自分の能力を正当に評価してもらえる外資系企業では、面倒な付き合いや接待などがほとんどないという特徴があります。外資系企業ではお互いのプライベートを大切にしているので、休日に家族ぐるみでパーティーなどを開くことはあっても、上司との酒の付き合いや接待などはほとんどありません。このような居心地の良いコミュニケーションスタイルになっているという点も、メリットの一つとなっています。家族との時間を大切にする欧米企業では、有給休暇取得率が高く、残業もほとんどないという特徴があります。このように個人の能力を重視する外資系企業では、オンとオフがはっきりしているので、仕事もプライベートも大切にしたいと考えている人にもメリットがあります。