外資系転職のメリット

外資系企業は日本の年功序列制度が無いため、多くのメリットがあります。世界で活躍したい人や自分の能力を十分に発揮できる企業を求めている人、高額な給与が欲しい人などにはお勧めです。ここで、そのメリットについて解説します。

日本と世界の橋渡しになれます

外資系企業に転職をするメリットは色々ありますが、日々の業務を通じて日本と世界の橋渡しになることができ、収入だけでなくやりがいを求める人に向いています。特に、海外で自分の力を試したい場合には、国内で…

自分の能力が正当に評価される

外資系企業に転職するメリットは、自分の評価が正当に評価される点です。年功序列で昇進や昇給を行う日本企業と違って外資系企業は個人の実力が重視される成果主義なので、自分の実力に応じた報酬を得ることがで…

外資系企業の給与体系

外資系企業は収入が多いというイメージがあります。もしも外資系企業で働くことに興味があるなら、給与体系について詳しく調べましょう。正式に入社する前に、情報収集を念入りに行うことが大事です。外資系企業…

外資系企業で求められる能力

外資系企業は日本での働き方とは異なる部分が多いため、人材に求められている能力も異なりますし、雇用体系も違います。ここでは、外資系企業で活躍するために身に付けて置きたい事や、変えなければならない考え方について解説します。

語学力は必須です

外資系企業は、国内の企業と比べて海外転勤や海外駐在などの可能性が高く、日々の業務の中で英語を使った業務を任されることもあります。そのため、外資系企業に転職をしてしっかりと経験やスキルを活かすにあた…

外資系企業の給与体系

外資系企業は、国内の企業とは異なり、仕事上の実績によって給料が大きく左右される成果給のシステムが採用されているところが目立ちます。特に、営業職や企画職などの仕事の結果が重視される職種で高収入を狙う…

日本の働き方と世界の働き方の違い

外資系企業のほうが仕事の役割が明確

日本の企業の場合、働き方は総合職と一般職に分かれているものの、労働者自身がおこなう仕事自体は明確にされていないことが多いです。そのため入社してから数年は営業職で働き、その後はマーケティングの仕事をするなど1つの企業内で様々な仕事をおこなうことがあります。仕事内容が明確でない分、成果よりもやる気や勤務態度の良さなどが重要視される傾向にあります。 これに対して外資系企業ではその人がおこなうべき仕事が明確です。営業職の人ならば契約で営業の仕事をするということが明記されるので、マーケティングなど他の仕事をやらされることは基本的にありません。もしも営業以外の仕事をさせる場合は契約をやり直すなどの措置が必要となります。仕事内容が明確であるため、成果を出すことが何よりも大切とされています。

管理職は英語能力が重要視される

外資系企業でマネージャーなど管理職の仕事をする場合は「英語能力」が求められています。その理由は「人の入れ替えが多い」という事情によるものです。外資系企業では、成果を中心に評価をする仕組みがあることや、役割が明確であることから人の入れ替わりが日本の企業よりも激しい傾向にあり、1ヶ月2ヶ月経過しただけでチームの半数が入れ替わったというケースも珍しくはありません。また外資系企業では様々な国籍の方が働いているので、コミュニケーションをとるためにも英語能力は必要となります。特に管理職は入社してから日が浅いメンバーに対しても的確な指示を与え、彼らの仕事の状況をヒアリングする必要があるため、とりわけ高い英語能力が求められます。

外資の企業で働くための外資系転職

外資系転職は、実力主義の外資系企業で働きたい、スキルアップさせたい、自由度の高いワークスタイルを実現させたいなどの願いを叶えるための手段です。